【ブランド紹介】あの「LIDNM」のセカンドライン!?「WYM LIDNM」

スポンサーリンク
ブランド紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「WYM LIDNM」の紹介

こんにちは!

今回は「WYM LIDNM」の紹介をしていきたいと思います。(ちなみに、ウィム バイ リドムと読むみたいです。)

「WYM LIDNM」って?「LIDNM」との関係は?

「WYM LIDNM」ですが、皆さんは「LIDNM」をご存知ですか??

ご存知でない方はぜひこちらの記事をご覧ください!

さて、この「WYM」ですが、(ここからはわかりやすいように “WYM” と呼びますね)

【WYM LIDNM / ウィム バイ リドム】 Fashion YouTuber『げんじ』がディレクションを手掛ける「LIDNM」のディフュージョンラインとして20SSからスタートした「WYM LIDNM」。 徹底した物作りに加え、ベーシックアイテムに独自のエッセンスを加えたトレンドも押さえたデザインは多くのユーザーにとって間違いない仕上がりになっている

ZOZOTOWN

ディフュージョンラインについて

ディフュージョンラインってなに?という方もたくさんいらっしゃると思いますが、「ディフュージョン」とは「普及」の意味で、あるブランドの感性やアイデンティティを保ったままに値段を抑えた商品を作るブランドのことです。

例としては、「ポロ ラルフローレン」も本家「ラルフローレン」のディフュージョンラインです。

セカンドラインとも呼びます。こちらの方が呼び方としては一般的かもしれませんね。

簡単に言えば廉価版のブランドです。

値段帯は?「LIDNM」との違いは?

さて、「WYM」は「LIDNM」の廉価版なわけですがどれくらい値段がかわるのでしょうか??

そこで、値段帯を表にしてまとめてみました。

WYMLIDNM
トップス2,200~5,5003,800~10,000
ボトムス5,5006,600~9,900
アウター9,900~11,0009,900~25,300

以上のようになりました。

確かに値段帯としては結構変わりますね。確かに安くなっているみたいです。

購入先としては、実店舗はなくZOZOTOWNのみでの販売となっているようです。

ZOZOTOWNで「WYM LIDNM」を見る

「WYM」の評判

WYMに関しては様々な評判がありますね。

最初に良い評判についてあげていきます。

悪い評判としては以下のようなものがありました。

これらを総合した個人的な意見ですが、WYMはLIDNMと同様に運営面での評判は非常に悪いと考えられます。

これ以外にもブランドで使用している文言のコピペ等が問題にもなっていたようです。

ただし、ブランドの商品が一概に非常に悪いかと言われると微妙なところだと思われますね。

デザイン面ではやはり人気WEARISTAであったげんじが監修している部分もあり一定の評価を得ています。

品質に関してはLIDNM時代から悪いといわれているので、そのセカンドラインであるWYMが良いとは考えられません。

広告費もLIDNMは相当使っていると考えられる(よく広告がでてくる+げんじへの報酬)ので、品質に回す分は恐らく多くはないでしょうね。

ですので、品質を求めない、デザイン面だけ追求する方にはお勧めかと思われます。

まとめ

・「WYM」は「LIDNM」のディフュージョンライン。(セカンドライン)

・評判は両極端。デザイン面では評価が高い。

・品質を求めない、短期的な着用をする方にオススメ。

といった感じです。それでは、また!

タイトルとURLをコピーしました