「日本製」「本革」の噂のライダースを購入してみた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちはっ

世間では気温が20度を超えるところも多く出てきており、すっかり春模様ですね。

ですが、今回は少し前に購入した「LIDnM」のシングルライダースの紹介をしていこうと思います!

「LIDnM」についてはこちら→モテ服ブランド紹介~LIDnM~
「ライダース」についてはこちら→おしゃれさん御用達♪ライダースの特徴、選び方を解説!

さて、LIDnMのライダースについては、ファッションアプリ「WEAR」で、人気ユーザー「げんじ」等が大々的に宣伝しているので知っている方もいらっしゃると思います。

今現在このライダースは7490円で購入できるということなので、気になる方は調べてみてください。(3月中とのことです。クーポンといっても公式サイトを開くとすぐにでてきます。(笑))

さて、このライダースを自分も少し前に購入したので、紹介していきたいと思います♪

デザイン

さて、届いた時の写真はこんな感じです。

DSC_0916.JPG

ファッション通販大手のZOZOTOWNは、ビニールに入ってるだけだったりするので、LIDnMの包装は割と丁寧にされていると感じました。

DSC_0919.JPG
DSC_0920.JPG

DSC_0921.JPG
包装を外した後のライダースの裏表はこんな感じです。

デザインは非常にシンプルです。 中綿は入っていないものなので冬の期間まではアウターonアウターの内側としても、春ではそのままアウターとして使えそうです。(冬のアウターとしては少し厳しいですね)

裏ポケットといったものもついていません。

DSC_0917.JPG
「LIDnM」のロゴの入ったタグが付いていました。シンプルなロゴに影が入っていて自分はすごく好みです。

DSC_0918.JPG

「LIDnM」のウリは日本製。このライダースにも「MADE IN JAPAN(ISHIKAWA)」のタグが。

着て過ごした感想

さて、自分がこれを買ったのは1月くらいですので、購入してから3か月弱位立ったことになるのですが、感想を書いていきたいと思います。

このライダース、本革(羊側)で日本製なのに非常に安いということもあって、ネットでは質という面ではあまりいい噂を聞きません。

そして、実際に注文して、着用して感じた感想ですが、確かに本革といっても見た目的にはパッと本革だとわかるほどいいものではないと感じました。合皮と正直見分けはつかないと思います。(最近の合皮がいいからなのかはわかりませんが…) 平たく言うと安っぽくは感じると思います。

が、本革の製品は購入してから期間がたっていくにつれて、合皮との差が出てくるものだと思うので、今現在で結論を出すべきではないものだと思いました。(どっちかというと、自分はこのライダースの販売方法の方が少し腹が立ちますが…これについては、気が向いたら書こうと思います。)

感想の続きですが、このライダースジャケット、サイズに対して幅が狭く作られていると感じました。これは前を開けて着ることを前提に作られているようですね。バイカーの方で、前を閉じて着ることを想定して買う方は少し注意が必要かと思います。

買うべきか否か?

さて、自分の結論を言いますと、買ってみてもいいんじゃないか、というところですね。はっきり言って本革のライダースなんてものが、一万円もしない価格で販売されているということがすごいんですよね。しかも日本製で。
先ほども言ったようにこの本革のライダースが合皮と比べて数年先にどうなっているかはわかりません。ですが、この価格であるならば、あまり変わらない値段の合皮のライダースを買うのであれば本革のこのライダースを買ってみるのもありだと思います。 デザインとしては今の流行を大いに取り入れているので、おしゃれに着こなすことができるのではないでしょうか。

といったところで今回はこれくらいにしておこうと思います! それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました