【ブランド紹介】WEARISTAが立ち上げたブランドまとめ!【WEAR】

スポンサーリンク
ブランド紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WEARSITAによるブランド

こんにちは。

今回はWEARISTAが生み出したブランドについてまとめていきたいと思います。

先日、WEAR公式twitterからこんなツイートがありました。

ZOZOTOWNが完全バックアップで、自分のブランドを作るという企画のようですね。

WEAR、YouTube、TikTok、Twitter、Instagramで自分のコーデを発信している人が対象のようです。(現在は募集を終了しております)

今まで自分は、多くのファッションブランドを紹介してきましたが、WEARで活躍している人たち、いわゆるWEARISTAがプロデュースしたブランドも非常に多いです。

そこで今回は、それらのブランドをまとめて紹介してみます。

LIDnM

wear

さて、最初は様々な理由で一番有名である「LIDnM」です。

このブランドは「WEARISTA」げんじさんによって作られたブランドで、WEARISTAが作ったメンズファッションブランドとしては最も古いものとなっています。(2017年4月16日オープン)

LIDnMの購入先

しかし、このブランドは度重なる不祥事により評判はあまりよくないブランドとなっています。

詳しくはこちらの記事を見ていただければと思います。

EMMA CLOTHES

wear

続いては、「WEARSITA」とっしーさんがプロデュースする「EMMA CLOTHES」です。このブランドもそこそこ古い方のブランドですね。(2018年3月1日オープン)

EMMA CLOTHESの購入先

とっしーさんはげんじさんと並ぶほどの知名度の持ち主で、ファッション系の雑誌にも出ているような方です。

そんなとっしーさんによるブランドである「EMMA CLOTHES」は、オーバーサイズなデザインのアイテムを主なテーマとして販売しています。

こちらの記事にも詳しく書いています。

remer

wear

次は、逆に非常に最近できたブランドである「remer」です。

remerの購入先

このブランドはWEARISTA「Jun」さんが作ったブランドで、2020年4月1日にできた新しいブランドとなっています。

特徴としては、非常にシンプルなデザインを貫いていることですね。トレンドにはあまり左右されないというテーマがあるようです。

「Jun」さんも好んでモノトーンのシンプルな服装をよく着用されています。

ADRER

wear

次は「ADRER」というブランドでWEARISTA「KEI」さんがプロデュースしたブランドを紹介します。

ADRERの購入先

このブランドが主にテーマとしているのは黒スキニー等を代表とする「韓国ファッション」です。

オープンは2019年9月25日となっています。

act’m

wear

今度はWEARSITA「tai」さんがプロデュースした「act’m」を紹介します。(2019年10月23日オープン)

act’mの購入先

この「act’m」は他のWEARSITAが作ったブランドと比べると非常にプチプラであることが特徴です。

デザインとしてはカジュアルよりですが、トレンドものを取り入れているため様々なデザインのものを作っているイメージです。

DOOPZ

wear

先ほど「EMMA CLOTHES」をプロデュースしたしたとっしーさんが半年後に作り出したブランドが「DOOPZ」です。

「DOOPZ」の購入先

最近はとっしーさんは「DOOPZ」の方が「EMMA CLOTHES」よりWEARで着用しているようですね。

「DOOPZ」は徹底的な「キレイ目スタイル」という感じで、女性受けを求める人はお勧めです。

WYM LIDNM

先ほど紹介した「げんじ」さんが作った「LIDnM」のセカンドラインであるのがこの「WYM LIDNM」です。

「WYM LIDNM」の購入先

デザイン面での評価は高いのですが、家庭での水洗いができないシャツといった謎のアイテムを販売しているブランドです。

(番外編)INTER FACTORY

このブランドはWEARISTAが作ったブランドではありませんが、非常に多くのアイテムが「WEARISTA」とコラボされたアイテムとなっています。

「INTER FACTORY」の購入先

このコラボしたWEARISTAが、今回のZOZO新ブランドのキャンペーンで新たなブランドを作り出すかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました