【サンダルに靴下】2020夏トレンド?サンダル+靴下【あり?なし?】

スポンサーリンク
コーデ紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンダル+靴下について

こんにちは。

今日は、サンダルと靴下を合わせたコーデについて話していこうと思います。

皆さんは、サンダルと靴下を合わせたコーデについてご存知ですか?

wear

例えば、こんな感じのコーデですね。

例年、このコーデを一定数している方を見かけましたが、今年もしている方を良く見かけるのでこれについて、メリット・デメリットや、評判を紹介したいと思います。


[テバ] サンダル Hurricane XLT2 メンズ ブラック 25 cm

メリット

カジュアルさの緩和

サンダルと言えば、非常にカジュアルなアイテムで、履くとコーデが子供っぽく見えることもあります。

そこで、サンダルに靴下を合わせることによってある程度子供っぽさを緩和することが可能です。

足の保護

サンダルは履いていると楽ですが、素足なので足が保護されていません。

そのため、虫さされやの恐れや、どこかにぶつけたり、足とサンダルが擦って怪我をするリスクは靴よりも高いです。

また、日焼けもしてしまいます。

しかし、靴下をはいていればそれらの恐れは無くなります。

足の冷えを抑える

夏といえど、屋内にはエアコンが効きすぎて寒すぎる場所は少なくないです。

誰しも、自分がエアコンの温度が調整できない公共施設で、

「冷房ききすぎ!寒い!」

という経験をしたことがあると思います。

そういうとき、普通にサンダルを履いていると足先が冷えてしまうということがあります。

足の冷えは、

・足のむくみやだるさ

・高脂血症、動脈硬化のリスクの上昇

といったことを引き起こす恐れがあります。

これは特に女性や細身の男性に多い問題ですね。

靴下をサンダルに着用していると、これらを引き起こす足の冷えに多少対処が可能であるというメリットがあります。

デメリット

暑い

サンダルと言えば、素足であるがゆえの涼しさが魅力です。

しかし、靴下をはいてしまえば普通に暑いです。

さらに、靴下内部が蒸れる恐れもあり、不快感もあります。

雨に濡れる

サンダルだけであれば、雨に降られても靴に比べて後の処理が楽ですよね。

しかし、靴下をはいていると普通に靴下が濡れて大変な上に、普通に靴を履いているなら濡れなかったであろう靴下もサンダルならすぐビショビショになってしまいます。

靴下をはく手間がかかる

サンダルは、靴下をはかずに手軽に外出できるのもうれしいポイントの一つです。

しかし、靴下をはく必要があるとなるとそのメリットは0です。

これらを総称してしまうと、普通にサンダルを履くことによるメリットが消えてしまうということがデメリットと言えますね。

評判

こんなツイートをしている方を見かけました。

靴下をしたコーデに対してのアンケートを取っていたようですが、過半数以上は否定的な評価をしています。

他にもこんなツイートをしている方も見かけました。

一般的には、受け入れられないという意見の方も多いようですね。

まとめ

メリット

・カジュアルさを緩和し、大人っぽいコーデが可能

・ケガや虫刺され、日焼けからの足の保護

・足の冷えを抑え、体の不具合の予防となる

デメリット

・暑くて蒸れる

・雨に濡れて処理が大変

・靴下をはく手間がかかる。

・その他、素足でサンダルを履くことによるメリットが激減。

評判としては、あまりウケは良くない。

といった感じでした。

筆者個人の考えとしては、ファッションは自由にあるべきだと思うので靴下にサンダルコーデも全然ありだと思います。

ですので、もし友達に突っ込まれたら、

「日焼けしたくないからさ。」

「足の冷え予防してるんだよね。」

といったように答えていればよいと思います。

それでは。


[アディダス] スポーツサンダル アディレッタ アクア DBF11 コアブラック/フットウェアホワイト/コアブラック(F35543) 25.5 cm
タイトルとURLをコピーしました